(function($) { $.mamewaza_scroll = function(cls) { if($.isEmptyObject(cls) ) { return ""; } var daemon = function() { var y = $(window).scrollTop() + $(window).height(); for(var i = arr.length - 1; i >= 0; i--) { if(arr[i].y > y) { break; } arr[i].elm.addClass(arr[i].cls); arr.splice(i, 1); } if(arr.length == 0) { $(window).unbind("scroll", daemon); } }; var arr = []; var y = $(window).scrollTop() + $(window).height(); for(var i = 0; i < cls.length; i++) { if(!cls[i] || !$("." + cls[i])[0]) { continue; } var j = 0; $("." + cls[i]).each(function() { var y_this = $(this).offset().top; if(y_this <= y) { return ""; } $(this).removeClass(cls[i]); arr.push( { "y": y_this, "elm": $(this), "cls": cls[i], } ); } ); } if(arr.length == 0) { return ""; } //sort arr.sort(function(a, b) { return b.y - a.y; } ); $(window).bind("scroll", daemon); daemon(); }; })(jQuery);

アミノ酸

第三者機関で保証された、高品質なアミノ酸を各種用途に合わせて販売しております。

L-アルギニン

(L-Arginine)
アンモニア解毒に関わるオルニチン回路の構成成分アミノ酸の一つ。 また成長促進作用があり、家畜飼料用に用いられる。他、筋肉増強、体脂肪率低減、創傷治癒、免疫機能改善の効果がある。
画像
細かな規格はこちら

L-イソロイシン

(L-Isoleucine)
BCAAの一つ。グルコースをグリコーゲンに変換し体内貯蔵する効果を促進するとともに、甲状腺ホルモンの分泌を促し、筋肉の成長を促進する。 また、セロトニンの生成を抑制し疲労感を軽減する効果がある。近年、上記前述のとおり糖質を筋肉へ取り込む作用を促進する効果から糖尿病の改善薬としても期待されるアミノ酸である。
画像
細かな規格はこちら

L-オルニチン塩酸塩

(L-Ornithine Monohydrochloride)
オルニチン回路の構成成分アミノ酸の一つ。体内では遊離アミノ酸の状態で存在し、肝機能改善効果があるとされる。 同回路はエネルギーの産生(TCA回路機能)と連動しており疲労回復効果を促進する。
画像
細かな規格はこちら

L-シスチン

(L-Cystine)
2分子のシステインが S-S結合でつながった構造。 羽毛などのケラチンに多く含まれ、メラニンの生成を抑制することから美白効果があるといわれています。
画像
細かな規格はこちら

L-システイン塩酸塩

(L-Cysteine Hcl Monohydrate)
皮膚や髪の毛、爪などに多く存在するアミノ酸。毛髪内ケラチン分子中の S-S(ジスルフィド)結合を切断する機能があり、パーマ液に用いられる。 また、チロシナーゼの活性を低下させ、皮膚中のメラニン形成を抑えることから しみ・そばかすの抑制効果もある。
画像
細かな規格はこちら

L-シトルリン

(L-Citrulline)
オルニチン回路の構成成分アミノ酸の一つ。体内では遊離アミノ酸 の状態で存在し、体内でアルギニンに転換される。  NO産生作用があり、血管拡張による動脈硬化改善、免疫促進、 筋力増強、疲労回復促進効果がある。
画像
細かな規格はこちら

L-チロシン

(L-Tyrosine)
芳香族アミノ酸の一種。動物性タンパク質に多く含まれる。 神経伝達物質の前駆物質であり、感情や精神活動の調節に関与していることで知られています。
画像
細かな規格はこちら

L-ヒスチジン

(L-Histidine)
主な効能は成長促進、神経系機能補助、食欲抑制、脂肪燃焼。 子供は体内で合成できないアミノ酸である。体内に取り込まれたヒスチジンは神経伝達物質で あるヒスタミンに変換され 血管拡張作用・脂肪燃焼効果をもたらす。従って、脳梗塞の治療や ダイエット補助への応用が検討されている。
画像
細かな規格はこちら

L-ロイシン

(L-Leucine)
必須アミノ酸。疎水性で分枝アミノ酸(BCAA)に分類され、 筋肉のエネルギー代謝に関与する。疲労を抑えるともいわれています。
画像
細かな規格はこちら

L-アルギニン塩酸塩

(L-Arginine)
画像

L-ヒスチジン塩酸塩

(L-Histidine Monohydrochloride)
画像
細かな規格はこちら

L-グルタミン

(L-Glutamine)
体内に最も多く含まれている遊離アミノ酸。主な効能は整腸作用 免疫力向上、筋肉の分解抑制、創傷治癒、アルコール代謝促進等。 加熱により変性しやすいため、食事からの摂取が難しい。
画像
細かな規格はこちら

L-グルタミン酸

(L-Glutamic acid)
体内に最も多く含まれている遊離アミノ酸。主な効能は整腸作用 免疫力向上、筋肉の分解抑制、創傷治癒、アルコール代謝促進等。 加熱により変性しやすいため、食事からの摂取が難しい。
画像
細かな規格はこちら

L-トレオニン

(L-Threonine)
主な効能は成長促進、肝臓への脂肪蓄積防止。  また、体内での コラーゲン生成原料としても知られており、美肌効果や 髪の潤いを保つ機能を持つ。
画像
細かな規格はこちら

L-バリン

(L-Valine)
BCAAの一つ。筋肉中で消費されるエネルギー源であり、急激な運動により グリコーゲン、その他の遊離アミノ酸が減少した際に消費される。血液中の窒素濃度を調整することで、筋肉の破壊を防ぐとともに 破壊された筋肉の回復を促進する効果がある。
画像
細かな規格はこちら

L-フェニルアラニン

(L-Phenylalanine)
体内でチロシンに変換されたのち、神経伝達物質を構成する。 従ってうつ症状の改善薬に使用される。また、DL体は鎮痛薬として 使用されている。 また、人工甘味料のアスパルテームは同品と アスパラギン酸が原料となっている。
画像
細かな規格はこちら

L-メチオニン

(L-Methionine)
主な効能は肝機能の向上、アレルギー症状の緩和、うつ症状の改善、 老化防止(抗酸化ミネラル:セレンの運搬を行う、 またArg/Sysと共に クレアチンを合成する材料になる)、毛髪の健康改善・維持、有害金属 の体外排出促進といった、健康維持に必要な必須アミノ酸である。
画像
細かな規格はこちら

BCAA

(2:1:1)
分岐鎖アミノ酸(ロイシン、バリン、イソロイシン)を2:1:1の比率で混合したもの
NoPhoto

タウリン

(Taurine)
主な効能は肝機能向上、アルコール代謝促進、コレステロール抑制、筋肉の収縮力向上、視機能改善効果等。 タウリンの欠乏は高血圧・動脈硬化・肝機能障害を招くリスクが高くなるため、健康管理上重要な成分となる。
画像

イノシトール

(Inositol)
主な効能として脂肪の蓄積防止、神経機能活性化、発毛効果が期待できる。 イノシトールは糖アルコールの一種で、生体内代謝でブドウ糖から生合成 される。
画像

DL-リンゴ酸

(DL-Malic acid)
リンゴから抽出されたことに由来して名づけられた有機酸の一種。 強い酸味があり、食品用としては主に酸味料として用いられる。
画像
細かな規格はこちら
Copyright © SANCT Corporation. All Rights Reserved.